ブンキョウクリツ モリオウガイキネンカン

文京区立 森鴎外記念館

rating:4.04.0
(口コミ22件)

記念館 / 生家・千駄木駅から徒歩5分

ホーム

概要

公共交通機関

文京区立森鷗外記念館(ぶんきょうくりつもりおうがいきねんかん)は、森鷗外の旧居跡地に建てられた記念博物館。鷗外の遺品・関連資料の収蔵・整理・展示を図り、「文字との出会いだけでなく、文学と人と街とが広く交流する場」となることを目指し2012年に開館した。ここでは原稿・書簡・遺品などの鷗外関連資料、生前発行の貴重書、鷗外研究資料、文京区ゆかりの文学作品・文学者の資料を収集し、鷗外の遺品資料を約3,000点、三男・類の旧蔵資料を約6,000点、貴重書を含む図書資料を約11,000点、所蔵している。建物は、2階が図書室と講座室、1階が受付、ショップ、カフェ(モリキネ カフェ)、庭園となっており、地下に展示室と映像コーナーがある。地下に展示室と収蔵庫を設けたのは、恒温恒湿であり、災害時の延焼や水損を避け易くするためである。この建物は陶器二三雄が設計し、これにより陶器は第55回BCS賞(2014年)、日本芸術院賞(2015年)、日本建築学会作品選奨(2015年)を受賞した。鷗外が辿った深い思索の痕跡に出会う、語りかけるような“静かな凛とした”建築にしたいと思いました。 — 陶器二三雄

Wikipediaでもっと見る
最終更新日2022.11.01
スポット情報は独自収集およびユーザー投稿をもとに掲載されています。掲載情報の正確性について

口コミ

  • Loading...
  • Loading...
もっと見る

写真

もっと見る

このスポットを含むテーマリスト

マップ

みんなが訪れている周辺スポット