Business review media #1
1/9

ダンデライオンチョコレートはアメリカで2010年に創業したBean to Barチョコレートのファクトリー&カフェ。 いわゆる「クラフトチョコ」というもので、大量生産では軽視されるチョコレートの発酵・焙煎の過程に手をかけチョコレートの味の広がりをうみだそうという手法。ここでは豆の選定・買い付けからチョコレートを作るまで自社で行う。 1Fはカウンターが3種類。丸椅子6席、壁にもたれられるサイドカウンター的なのが3ヶ所。窓際の席はコンセントアリ。 テーブル席は2Fにあるそう。1Fではファクトリーが併設され、チョコレート等作る様子を見れ楽しい。こだわりのチョコレートを様々な形で楽しめる。

2019.10訪問
口コミ詳細
Menu review media #1
ダンデライオン・チョコレートチップクッキー330円
rating:4.04.0

ビッグサイズのアメリカンクッキー。チョコレート専門店だけあって、チョコレートチップがゴツゴツゴロゴロ入っています。 いかにもなアメリカンクッキーで、生地は少しネチっとして表面がザックリ。そして生地もチョコレートもかなり甘い。 甘いのだけれど、甘くてビターで香り高いチョコレートも(最初、バナナが入っているのかと思った…)生地もおいしいので、食べ進める手がとめられない危険なタイプ。

Menu review media #1
カフェラテ アイス530円
rating:3.53.5

コーヒー豆は両国の「Single O」で焙煎した豆を使っているそう。 コーヒーの深み、苦味、酸味がけっこうガツンとくるタイプ。でもきつい感じはしない。 チョコクッキーに負けない強さと香りがありつつ、くどくもない、いいバランス。

このユーザーの他の口コミ
フリュテリー 果坊 by フルーツJ 阪急うめだ本店

岡山のフルーツ専門店「フルーツJ」の一業態、フリュテリー果坊。阪急うめだ店のB1F。フルーツJは生産者にもこだわり、無香料・無着色など安心・安全、そして新鮮なフルーツの製品づくりを行なっているブランド。 阪急うめだ店B1Fにはフロア中央に「ツリーテラス」とよばれるイートインコーナーができていてそこで座って食べることができます。 大きな店舗なので、疲れた時に座れる場所があって、ちょっとジュースやソフトを食べられるというのはありがたいが結構混んでいるのが難点。

rating:3.03.0
24
ROSEMARYS TOKYO

NEWoMan6Fにあるイタリアン。NYウェストビレッジNo.1レストランと鳴り物入りでオープンした店。 窓が大きくて明るく緑が見え気持ちがいい。素材は新鮮だし味付けははっきり繊細、オシャレで私は好み。パリッとしたビジネスマンがランチに使える店。 ただ「トスカーナ地方の料理」ということでパスタは熱々でなく温めるだとか、自家製麺はスパゲッティーではなくもっちり系のリングイネだったり、味覚が超保守的な友人はちょっと苦手だったよう。集まりで使うときには注意。デザートのパンナコッタは全員に好評。 店舗への行き方がわかりにくい。色々乗り継ぐより、2Fで甲州街道に出てBエレベーターで6F、がベスト

rating:3.33.3
21
ゴディバ ATELIER de GODIVA 西武池袋本店

ATELIER de GODIVA アトリエ ドゥ ゴディバ 店舗キッチンでその場で手作りする「ゴディバ」のコンセプトショップ。8席のみのスペースでいつも混み合っています。西武池袋本店B1Fにあります。中央エレベーターのすぐ隣。 なお、人気のショコリキサーも提供アリ

rating:3.03.0
26
もっと見る
スポットの口コミ
もっとみる

このスポットを含むテーマリスト

もっと見る

みんなが訪れている周辺スポット