Business review media #1
1/2
rating:3.53.5

今回はオーナー米田氏が厳選したワインペアリングにて、 焼鳥のコースを堪能♪ 一応、焼鳥屋さんと言うカテゴリではあるものの、 八寸が出たり、ラムや牛まで食べられる。 あと、今回のワインペアリング良かったな〜✨ 焼鳥ってカジュアルな印象だけど、グッとランクが上がるような。 東京カレンダーとかにも掲載されてるせいか、 新橋にありながら、客層はサラリーマンと言うよりは、 東カレっぽいカップルや、素敵女子がほとんど。 大衆感ではなく、上手く差別化されてるな〜と感心する✨ 焼鳥好きの友人が、東京は焼鳥なのに生信仰が強いと、 よく話しているがこちらは比較的良く焼きです!

2021.05訪問
口コミ詳細
Menu review media #1
ワインペアリング
rating:4.04.0

まずはシャンパンで乾杯✨ 白ワイン、白ワイン、赤ワイン、赤ワイン。

Menu review media #1
雉子コース6,500円
rating:3.53.5

1品目は、一石三鳥スペシャリテ?のきんかんの手巻きからスタート。 きんかんが破裂するので、一口で一気に頬張ったら、シャンパン! お次は八寸。 焼鳥屋さんで、八寸出るのは珍しいよね。 いんげんの白和え、クリームチーズとイチジク、茄子田楽、 お肉のしぐれ煮?角煮?みたいなのに、牛蒡。 ちびちびやりながらお酒が勧んじゃうラインナップ。 使用する鶏肉は伊達鶏。 ささみには梅肉がちょこんと。 お次は椎茸。 手羽先は骨抜きをされており、食べやすいのが嬉しい。 小ぶりながらもジューシーな味わい。 次のは砂肝。 そして驚きなのが、焼きパイン! 一気にハワイ気分になる(笑) パインはお口直しの役割。

Menu review media #1
雉子コース6,500円
rating:3.53.5

ここでラム! 赤ワインにシフトするのが納得な展開。 ムギュッと詰まった身を噛み締めながら、赤ワイン。 相性抜群◎ 丸ハツも大好きな部位。 そして巨大な獅子唐ʕʘ‿ʘʔ ピーマンサイズの大きさ! 丸焼きにしてるからジュワッと、美味しいお汁がしみる。 ラストはコロンと丸くなってるハラミ。 赤ワインはもう一種類提供されたけど、写真撮れてなかった〜( ;∀;) お食事は炊き込みご飯と、濃厚鶏スープ。 まずはそのまま食べて、後からスープ投入して、 お茶漬けのように、ズズッとかきこむ♡ デザートには最中のアイスも♡

このスポットの写真 99+
お店の口コミ 6
もっと見る