profile image
2022.02投稿
Business review media #1
1/9
rating:4.04.0

【最寄駅】 神泉/徒歩5分 【予算】 〜999 【予約】 なし 祝日14:00〜訪問 【メニュー】 ・カフェラテH 合計490円/1人 【概要】 ○情報 山手通りから外れた路地にあるコーヒーショップ。 全面ガラス貼りの外観で中には無骨な焙煎機、エスプレッソマシンとコーヒーにこだわるメンズには嬉しいスポットです!! 店内の壁には何枚ものレコードが飾られており、オーディオスピーカーまである。味覚を楽しみつつ、聴覚でも楽しめるスペースです! ちなみにジャズが流れていました。 まだジャズの良さに気付けていない自分が青いなと感じましたね、、、 席は、カウンターのみで4席ほどあります。 独自ルールがあり、パソコンNG、1時間以上の滞在NG!作業として利用したい方は控えた方がよさそうです。カフェラテを楽しみに行った方が良いです! 浅煎りか深煎りかを機械によって選べるので、好みがある人はスタッフの方に伝えてください! テイクアウトも可能なので、散歩がてらによるのもオススメです! ○支払い方法 電子決済可 ご馳走様でした。 ※投稿時3.15

2022.02訪問

このユーザーの他の口コミ

白金 酉玉 本館

★2021百名店 【最寄駅】 広尾/徒歩5分 恵比寿/徒歩15分 【予算】 5000〜6000 【予約】 ネット予約 【メニュー】 ・ちょうちん ・手羽先 ・ししとう ・えりんぎ ・親鳥もも ・えりんぎ ・さえずり(喉) ・レバー ・ふりそで ・はごいた ・でら(十二指腸) ・ささみ 日本酒各種 合計6000円/1人 【概要】 ○情報 鶏の希少部位を炭火焼きで食べられる焼鳥屋! 7品1980円、10品2580円、12品3580円のコースがあり、どれもお得でコースにプラスして好きな部位を注文することもできます。 酉玉は、国内で恵比寿にある別館と神楽坂にあります。国外でも活躍していて、シンガポール、マレーシア等でも出店しています。 たしかに海外のお客さんもいて、日本人だけではなく海外の方の層もついているのは珍しいですね! 店内は、大人な雰囲気でカジュアルに行けるお店です。 炭火焼きですが、煙が立ち上がることなく服に匂いがつく心配いりません! カウンター席のみでがっちりした男性2人だと少し狭い感覚です。雰囲気はどちらかといえば賑やかな方だと思います。 3500円の12品+ちょうちんを注文しました。 看板串のちょうちんは食べて損は無いです!! ↑マスト 12品で好きな部位を探しつつ、日本酒をいただくのがmyスタイルです。 日本酒も半合から注文できるので、1人でもいろんな種類の日本酒が飲めます。 1番好きだったのは、天美(にごり酒)!!新しい発見! 約2時間半ゆっくり相手と話しながら食べれるこちらの焼鳥屋は友人とのしっぽり会やデート等にオススメです。 ご馳走様でした。 ※投稿時3.70

rating:4.04.0
3

淡悦

【最寄駅】 六本木/徒歩1分 【予算】 8000〜10000 【予約】 なし 休日19:30〜訪問 空席あり 【メニュー】 ・刺身盛り合わせ 3店盛 ・のどぐろ ・ホタルイカ ・空豆 ・真牡蠣 ・デザート 日本酒 3合 合計8000円/1人 【概要】 こちら淡悦と書いてたんえつと呼びます。 カウンターと個室があり、会食やデートなど様々なシーンで利用できるところが嬉しいです! 店内は、シックかつ和モダンなテイストで上品な雰囲気があります! 通常は懐石コースで¥8000〜10000円になるみたいで、アラカルトも対応しているみたいです。 主に四季の食材を使用して、その日のオススメメニューが紙にずらーっと書いてあります。定番メニューも良いですが、せっかくなので、料理人の方に新鮮な食材を聞いてオーダーするのもいいでしょう。 僕はノドグロが新鮮と聞いて、迷わずにオーダー!! 今からこいつを切りますよ!とお弟子さんが新鮮なノドグロをまな板の上で見せてくれました。 他にも日本酒に合いそうな空豆やホタルイカ、牡蠣など注文。 空豆絶品。 豆の味と塩加減のコントラストがたまらない。 真似はできませんが、家で日本酒飲む際には空豆を茹でてあてにしたいと思います! 味、接客共に上品で丁寧でした。 誰を連れて行っても恥ずかしくないお店であることは間違いないでしょう!! ご馳走様でした。 ※投稿時3.30

rating:3.53.5
2

築地青空三代目 本店

【最寄駅】 築地/徒歩5分 【予算】 3500〜4500 【予約】 なし 平日13:00〜訪問 空席あり 【メニュー】 ・マグロ漬け ・ヒラメ(えんがわ) ・しめさば ・たいらがい ・たまご ・中とろ ・雲丹 ・鰆の炙り ・炙りトロ(ニンニクのせ) ・あなご ・味噌汁 合計3550円/1人 【概要】 50年間握り続けた大将が作り上げたお店で、現在は次世代を担う猛者達が握る江戸前鮨! "守破離の破の部分" 本店が築地kあり、六本木、銀座、丸の内、名古屋、沖縄と幅広くお店を展開しています。 築地の本店では、豊洲市場へ出向き鮨職人さんの目利きで良いものを選び、その日のお鮨のネタとしている。 今回は、シメサバとトロがぐんを抜いて美味しかったです。シメサバの〆具合とトロの脂の美味しさ、ノリノリでした カウンターは、3人の大将がそれぞれ2組ずつ握ってくれるスタイルで腰が低く丁寧な接客でした。女将もおり、情緒溢れる時間でした。 たまたま席が空いてる時間に行ったので、待つことなく席に案内されましたが、前もって予約をしておいた方が間違いは無いと思います。 平日のお昼で満席近くだったので、休日となればとても賑わっていると思います。 量的には少し足りないくらいでした。 追加で注文すればよかったなと感じました! ご馳走様でした。 ※投稿時3.64

rating:4.04.0
1
もっと見る

スポットの口コミ

もっとみる

このスポットを含むテーマリスト

みんなが訪れている周辺スポット